いきいきと働き活躍できる社会づくりの実現を目指した医歯工連携教育の展開

本事業の取り組み概要

北九州地区大学連携教育研究センターは、平成24年度文部科学省「大学間連携共同教育推進事業」に採択された取組「地域連携による[ものづくり]継承支援人材育成共同プロジェクト」を遂行するために設置されたものであります。


取組概要ポンチ絵

 

「ものづくりのまち」北九州地域では、生産人口の減少を始め、多様な要因で技術・技能の継承が困難となっています。このため、高齢者の健康増進の視点にたって、就業高齢者を支援することは北九州地域において緊急に取り組むべき重要なテーマです。

北九州地域における医工学連携の活動を基礎として、この活動を発展させて、医療分野に強みを持つ産業医科大学、工学・技術系及び生命工学系に強みを持つ九州工業大学、福祉系及び生命工学系に強みを持つ北九州市立大学と九州歯科大学による、学際的職業人育成力を結集します。

この取り組みによって、医療分野、福祉分野、工学・技術分野という専門性と特色を活かしつつ、学習内容を相互補完・拡充し、地域のニーズに応じた学際的な視野を持った人材の育成を目指します。

本北九州地区大学連携教育研究センターでは、本連携取組に係る大学院教育を実施する他、本連携取組の企画、運営及び大学間の調整を行います。また、本取組の成果の取りまとめ、地域住民への情報発信(ホームページの作成・更新)などを行っています。