いきいきと働き活躍できる社会づくりの実現を目指した医歯工連携教育の展開

平成27年 国際シンポジウム実績

平成28年1月22日、23日に北九州国際会議場にて国際会議「Interdisciplinary of Medical, Dental and Soft-material Researches on the move」を開催しました。

当日は4大学の教員及び学生や、北九州市内の企業関係者も含め、152名の皆様にご来場いただき、盛会のうちに終えることが出来ました。

dsc_1210-800x479

本シンポジウムでは医・歯・工連携による学際連携教育を推進すべく国内外より研究の最先端を走る先生方を招聘し学際分野の講演を行いました。第一線で活躍する先生方の最先端の研究内容に関するご講演ということもあり、会場からは質疑応答による積極的な意見交換がなされました。

【招待講演者】

J.L. Mergny (ボルドー大学)

Charles F. Shuler (ブリティッシュコロンビア大学)

岡野 光夫 (東京女子医科大学)

珠玖 洋 (三重大学)

Allan S. Hoffman (ワシントン大学)

中西 洋一 (九州大学)

【特別講演者】

西原達次(九州歯科大学)

【講演風景】

dsc_1179

さらに学際教育プログラムの受講者によるポスタープレゼンテーションでは4大学から55演題が登録されました。英語を用いた闊達な議論が交わされており、参加している大学院生にとっては自身の研究に対して様々な分野の視点からのアドバイスをもらうことが出来る、大変有意義な意見交換の場となりました。

【ポスタープレゼンテーション風景】

dsc_1144-800x530

 

【優秀ポスター賞授賞式】
dsc_1356-800x518